自賠責保険が2011年(平成23年度)より値上げされています。車検を受けるユーザーにとっては、車の維持費用が上がる事は嫌な話です(ユーザー車検)

自賠責保険、11.7%の値上げへ

今回の自賠責保険、値上げに対して政府が発表した理由として、「事故被害者への保険金支払い額が増加し、収支が悪化したため」と発表しています。理由はどうあれ、2011年4月より、自賠責保険が値上げされました。

車種別の自賠責保険、現行と値上げ後の保険料一覧

普通車 ¥22.470→¥24.950
軽自動車 ¥18.980→¥21.970
小型トラック ¥19.290→¥23.130
バイク ¥13.400→¥14.110
原付 ¥8.790→¥9420

自賠責保険値上げ率

車検を受ける時には、自動車損害賠償責任(自賠責)保険への加入が義務づけられています。ですから、自賠責保険料のUPは車を持つすべてのユーザーに関係してきます。政府は自賠責の保険料を、2011年度から平均で11.7%値上げすると発表しました。
11.7%とは、自賠責保険が、乗用車の場合、2000円以上値上がりして、およそ2万5000円に、軽自動車の場合2000円以上値上がりして、およそ2万1000円になるという事です。

スポンサードリンク