ユーザー車検は費用(お金)を抑え、ユーザーが楽しむ為の車検方法です。【ユーザー車検費用と方法】では、書類、整備の方法や車検費用を解説

ユーザー車検、費用と方法

ユーザー車検

ユーザー車検とは、車の使用者であるユーザーが行う車検の方法です
 
車検チェック

 

ユーザー車検とは、車の使用者であるユーザーが行う車検手続の事を言います。ユーザー自身で、24か月点検を行い、不具合があれば直し、ユーザー自身で書類を用意して車検場まで車を持って行き車検ラインで検査を受ける事を【ユーザー車検】といいます。車の事が詳しくない方は、車を直す事だけ業者に任せる事も可能です。ですから、車検というと、整備が出来ない、車検は難しそうという理由で車屋に任せきりになってしまっている事が多いですが、一度車検の方法、やり方を知ってしまえば、ユーザー車検自体はあまり難しくはありません。もともと車検は、道路運送車両法にも書かれていますが、本来ユーザー自身が受けるべき検査になっています。確かに、初めてユーザー車検を受ける場合、不安や手間はかかりますが、手間がかかった分、お金(費用)が浮きますので、メリットは十分にあります。この機会に車にかける費用を節約しましょう。

ユーザー車検の費用

ユーザー車検に必要な費用は、2000ccの小型乗用車で67000円程度です。また、車検を依頼する場合には8万円ぐらいから10万円を超えることもあります。
ユーザー車検を選択した場合、法定費用、部品代、書類代ですむので、業者依頼手数料分の費用が安くなります。

車検の方法

車検場
4

車検は、法定【24か月点検】の項目に沿って点検が行われます。その際、車に不具合がある時は部品交換や整備が行われます。
車検に必要な書類は入庫時にディーラーのフロントに提出します。
【1.車検証、2.自賠責保険証、3.軽自動車税納税証明書、4.定期点検整備記録簿】
自賠責保険は新しく契約し直します。また、ディーラーは自賠責保険の業務も行っているので、ディーラーのカウンターで自賠責保険に入ることができます。
自動車税を払っているか納税証明書で確認をし、さらに重量税を2年分納めます。
24か月点検作業は定期点検整備記録簿に沿って行われ、その結果は記録簿に記入されます。点検が終了したら、車検ラインに入り、様々な項目が検査されます。これに合格すれば、新しいステッカーと有効期間の延長された車検証が交付されて晴れて車検が通ります。ユーザー車検の場合は、業者がしていたこれら作業をユーザー自身で行う事になります。

ユーザー車検の流れ

車検が切れる約2、3週間前からユーザー車検の計画を立てるようにしましょう。

ユーザー車検の流れユーザー車検の流れ
ユーザー車検は、運輸局の予約受付が1週間前からの場所もあるため、ユーザー車検を考えている方は、3週間前から予約と車検計画をたてるようにしましょう。それ以上遅れると仮ナンバーを取得する必要性が出てきます。

ユーザー車検を行うのが初めての人は、まず最初に定期点検整備記録簿を見ながら、各部分をチェックし、自分で行えない整備などについては、車に詳しい友達からアドバイスを受けたり、業者に聞くようにしましょう。
詳しくは、 【車検の方法と流れ】を参照してください

費用以外のメリット

ユーザー車検は費用(お金)を抑えられるのが、一番のメリットですが、費用を抑える以外にもメリットはあります。

ユーザー車検の流れ

ユーザー自身で、24か月点検の書類に沿って車をチェック
ユーザー自身で、軽自動車検査協会に車検の予約を入れる
ユーザー自身で、当日軽自動車検査協会に出向き、書類を作って車の検査

ユーザー車検のメリット

車検自体を楽しめる

ユーザー車検を行うと、車検の仕組みが理解でき新しい気づきや車の楽しさを再認識できます。車検を2年に一回の車のイベントとしてとらえ、車検を機会に車の楽しさや装備などを見直しましょう。

自分の車に責任が持てる

ユーザー車検のメリットのひとつに、車を自分の目で確認でき愛車の状態に責任を持てる事があげられます。ユーザーから見れば、車の各部をあらためて確認するという作業は、車の所有者として当然の事です。車の状態をユーザー自信が責任を持つことはとても大切に思います。点検は、24か月点検というフォーマットに沿って行うので、初めての人にもさほど難しくはありません。

車検ビジネスの中身が分かる

ユーザー車検を経験すると、世の中の車検ビジネスの中身がうっすらと理解できるようになります。カーディーラー、整備工場、ガソリンスタンドが車検を行っている主な業者ですが、それら業者の違いが分かるようになります。

お金(費用面)でお得

ユーザー車検の最大のメリットは、何と言っても費用面でしょう。100年に一度といわれる大不況、車屋に車検を任せたいけれど、車検の費用もままならない、お金に余裕がない方も多いと思います。実際に僕もそういった状況でした。そしてたどり着いたのが、ユーザー車検です。お金は大切なものです、ユーザー自身で車検を通せて、本来無くなるお金が節約できるなら、それは大変有意義な事だと思います。それが、このサイトを運営する事になった動機です。私と同じように考え共感していただける方のお役に少しでも立てれば、嬉しく思います。

スポンサードリンク